Sdiについて

デザインが生まれた原動力は、
デザイナーの「わが子への想い」

Bambini(バンビーニ)は子ども達にとっては愛称「パパいす」、毎日使う道具、遊具として共に成長してきました。父親が幼い子ども達に遺した唯一の贈り物が「Sdi Fantasia」のデザインです。
子どもの使う道具をデザインするには一緒に生活し、いろんなニーズを知らないと作れないと、子ども達が育っていく過程を観察しながら、何度も安全性や機能性などの改良を重ね、今のかたちになりました。

子どもたちの感受性を豊かにするお手伝い

美しいデザイン、機能美のあるものにふれることは、子ども達の感受性を豊かにする、とSdiは考えます。
遊び心のあるものつくりを通して、子ども達の豊かな感性を育むお手伝いをしたい。その思いを胸に、大切な道具として思い出に残るデザインを、これからも作りつづけていきます。